加齢臭が出始める・キツくなる年齢

体臭 石鹸

サイドメニュー

加齢臭が出始める年齢

加齢臭が出始める年齢は30歳前後が多いとされています。そして加齢臭がキツくなる年齢は50歳前後です。

加齢臭というのは脂のニオイであり、年齢を重ねると誰でも放つ体臭でもあります。女性は加齢臭がしないイメージがありますが、女性でも加齢臭の原因となるニオイ菌をもっています。

ただ女性の場合は香水であったりヘアスプレーなど香り付きの化粧品を多様するのでニオイが包み込まれているためにあまり加齢臭の香りがしません。

加齢臭のメカニズム

加齢臭のメカニズムを勉強していきましょう。

まず加齢臭のニオイ菌とされているのが「ノネナール」と呼ばれる物質です。この物質は脂肪酸が酸化してできる「ヘキサデセン酸」と過酸化脂質が結合して生成されると言われています。

脂肪酸の酸化が始める時期というのは個人差があり、食生活、喫煙、ストレス、生活環境などによって変わってきます。

ノネナールの生成を抑える方法

加齢臭の原因であるノネナールの生成を防ぐには日頃から体を清潔にしたり、食事に気を使うことが大切です。

食事では抗酸化成分が含んだ食材を食べると良いとされています。

特にポリフェノール関連は美容にも良い抗酸化成分として常に注目を集めています。サプリメントでも摂取できますし緑茶などにもポリフェノールは配合されています。

ニオイが気になりだしたらポリフェノールを含んだ食事を多く食べるようにしましょう。

また体を清潔に保つためには専用の石鹸やボディソープを活用する良いです。一般的な洗浄剤に比べると殺菌力や除菌力が強くノネナールのできにくい体を作ってくれます。

体臭や消臭のギモン|人気記事ランキング

  1. 加齢臭を消す香り・消し方
  2. デオドラントでどこまで消臭ができるの?
  3. 体臭や口臭の消し方
  4. タバコの臭いを消す方法
  5. 加齢臭が出始める年齢とは?
MENU