加齢臭の原因を知る

体臭 石鹸

サイドメニュー

加齢臭が発生する原因

加齢臭は「オヤジ臭」とも呼ばれ若い年代から嫌がれる1つの匂いです。この加齢臭の原因となるのが「ノネナール」と呼ばれる物質

ノネナールは皮脂腺にあるパルミトレイン酸と脂肪酸が過酸化物質と結合することによって生成される臭い物質。

表現されるニオイとしては「ろうそく、古本、腐ったチーズ」といった表現がされます。ニオイに過敏な日本においては「悪臭」といった部類に入ります。

また加齢臭は男性といったイメージが強いですが、男女平等に発生するニオイです。女性だから安心といったものではありません。

年齢を重ねることで誰でも発生するニオイといったことを覚えておきましょう。

加齢臭の元であるノネナールを詳しく知る

体に無数に皮膚の潤いや外部からの刺激を守るための「皮脂腺」といった穴があります。ですが年齢を重ねることで皮脂腺の中には上述したパルミトレイン酸といった脂肪酸とか参加物質が増大します。

そして過酸化物質と皮脂が結合することで脂肪酸が何度も酸化や分解を繰り返して加齢臭の原因である「ノネナール」を発生させます。

早ければ20代後半あたりから、加齢臭を放つ方もいます。基本的には年齢を重ねるほどにノネナールといった物質は生まれてくるので加齢臭を抑えるのであればケアが必要となります。

加齢臭は女性よりも男性といったイメージが強いのは男性の方が皮脂を分泌する量などが多いためノネナールも増加してニオイがキツい傾向があるからです。

女性の加齢臭が目立つ時期

女性で加齢臭がキツくなる時期というのは女性ホルモンが減少する閉経の時期です。女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増加するので必然的に皮脂量も多くなってきます。

ただ女性の場合は化粧品であったり香水を日常的につけるのであまり加齢臭が目立たない人が多いです。

しかし、何もつけないで耳の裏などのニオイを嗅ぐと加齢臭が発生しているので女性であってもケアをするべきです。

MENU