加齢臭を消す香り・消し方

体臭 石鹸

サイドメニュー

オヤジ臭さの象徴である「加齢臭」を消す香り・消す方法

オヤジ臭いといった影口を叩かれる代表的な臭いが「加齢臭」

加齢臭の原因となっているのが「ノネナール」と呼ばれる物質です。ノネナールは汗を出す「汗腺」と呼ばれる部分の近くにある「皮脂腺」から分泌される脂肪酸が年齢を重ねるごとに酸化して、ヘキサデセン酸といった脂肪酸が増加します。

同じく過酸化物質といったものも増加。パルミトオレイン酸と過酸化脂質が結合することによって分解、酸化を促しノネナールといったニオイ物質が生成されます。

さらに年齢を重ねるごとに汗に含まれるアンモニアや雑菌、古い角質、皮膚などに溜まった老廃物を十分に分解できなくなります。

分解能力が低下することで「腐敗臭」も放つケースもあります。そして加齢臭や腐敗臭は普段から着ている洋服、スーツに染み付きます。

染みついてしまうとニオイはなかなか洗濯をしても落とすことができません。小まめに洗濯をして着る洋服も清潔を保つことが加齢臭を抑える・消すといった1つの方法です。

タバコや飲酒も加齢臭の原因

加齢臭の原因としては上述したノネナール以外にもタバコやアルコールも原因とされています。

体臭にタバコやアルコールの香りが混じることでいわゆる「オヤジ臭さ」を演出してしまっているケースもあります。また生活習慣病を発症するような健康状態であると加齢臭はよりニオイが増大するとも言われています。

メタボリック症候群も加齢臭を増大

中高年に多いメタボ。
脂肪過多の飲食やタバコ、アルコールをしているとメタボ症候群になります。

メタボになると血中のコレステロールが蓄積して皮脂腺にも脂肪分が増えてしまいます。

分解が必要な脂肪分が増えれば増えるほど加齢臭の原因菌となるノネナールの量も増加します。

加齢臭はメタボのサインでもあります。もしニオイが気になったらメタボリック症候群や予備軍ではないか?と疑ってみましょう。

メタボにならない体作りも加齢臭を抑える方法となります。

加齢臭を消す石鹸「柿渋」

加齢臭は食生活や衛生面に気をつけることで個人差はあるもののニオイを抑えることができます。特に衛生面における加齢臭ケアとして高い効果を期待できるのが「柿渋石鹸」です。

柿渋は古来から染料や皮のなめし剤として利用されてきました。他にも止血としての用途があるなど民間療法としても幅広い使われ方があります。

体臭・加齢臭に関しては柿渋の抗菌作用といったものが注目されて、柿渋石鹸が開発されました。柿渋の抗菌力はノロウイルスに対する柿渋ポリフェノールの抑制力について広島大学などが研究をして発表されています。

さらに柿渋に含まれる「柿タンニン」は大きな構造式をもつ縮合形タンニンであり他の植物がもつタンニンよりも高分子となっています。

柿タンニンが高分子であることから悪臭成分と皮膚の上で科学反応が起こり悪臭を中和すると考えられています。またタンニン以外に緑茶エキスにも抗菌作用やタンニンが含有されており柿渋と緑茶エキスといった組み合わせて販売している石鹸もあり効果を期待することができます。

衛生面からできるノネナール対策

ノネナール撃退対策

衛生面からできるオヤジ臭対策としては上記の3項目を守ることが大切です。

このことからわかる通りにバスタイムによる対策が一番てっとり早いです。加齢臭や体臭が気になりだしたら食事と衛生面を見直してみましょう。

衛生面は「柿渋石鹸」や「体臭対策石鹸」などを活用すると効率的に清潔な肌を作ることができます。

体臭や消臭のギモン|人気記事ランキング

  1. 加齢臭を消す香り・消し方
  2. デオドラントでどこまで消臭ができるの?
  3. 体臭や口臭の消し方
  4. タバコの臭いを消す方法
  5. 加齢臭が出始める年齢とは?
MENU