デオドラントや消臭剤でどこまで消臭ができる?

体臭 石鹸

サイドメニュー

デオドラントや消臭剤でどこまでニオイを消せる?

スプレー式

一般的によく使われるスプレー式の消臭剤。この場合はニオイを消すのではなく空気中に存在しているニオイ菌を別の香りで包み込むといった方式になります。

スプレー式の場合はシトラスの香り、石鹸の香りなど様々な香り付きのものがあります。要は香りの芳香を漂わせて臭いニオイを包み込んで隠します。

これは体にも使うデオドラントスプレーにも言えます。消臭や殺菌成分は入っていますが基本的にはニオイ菌を上から被せて目立たなくさせるといった仕組みです。

無香料タイプのデオドラントもありますが、これは植物性素材でニオイ物質となっているものを包み込んでニオイを消しています。

つまりニオイそのものが消えているのではなく包み込んで目立たなくしているのがスプレー形式のデオドラントの特徴です。

配置型の脱臭剤

配置型脱臭剤でよく見られる特徴としては活性炭や備長炭などを含んだ脱臭剤です。

これは炭の多孔質にニオイ物質を吸着させて空気中にあるニオイ粒子をなくすことで無臭を作りだします。

配置型なので「待ちの消臭グッズ」とでも言いましょうか。あまり広い部屋に設置すると広がったニオイ菌などを吸着して無臭化するには時間がかかってきます。

良い点としてはニオイ菌を炭が吸着してくれるので根本的なニオイ解決に近づけるのがメリットになります。

クリームタイプのデオドラント

現在、主流になりつつあるのが、塗るデオドラントです。基本的に体のニオイが気になる部位に塗るのですが、スプレー形式よりもニオイを抑える効果が高いとされています。

スプレー形式は吹きかけた時に多くの粒子が空気中に飛散します。また乾燥しやすいですし、汗などの水物に弱い傾向があります。

しかし、クリームタイプは汗に強く塗った部分に関しては密着性が高く消臭、殺菌力に優れています。

デメリットとしてはニオイが気になる部分が広くなるほど手間がかかること。クリームもすぐになくなってしまうことです。

汗をかきやすい時期になり、体臭が気になる場合はクリームとスプレーを使いわけて体臭対策をするのが今後の主流になってくるのではないでしょうか。

体臭や消臭のギモン|人気記事ランキング

  1. 加齢臭を消す香り・消し方
  2. デオドラントでどこまで消臭ができるの?
  3. 体臭や口臭の消し方
  4. タバコの臭いを消す方法
  5. 加齢臭が出始める年齢とは?
MENU