足臭を知る

体臭 石鹸

サイドメニュー

足臭の原因は足裏にあり

ムレて悪臭を放つ場所である足。実は足裏には大量の汗腺が存在しています。汗腺量は個人差がありますが、背中の約5倍〜10倍の汗腺が存在すると言われています。

当然それだけの汗腺があれば汗もかきやすく皮膚に潜む常在菌によって汗は分解。ニオイの元凶ともなる脂肪酸を作りだします。

足臭を防ぐには小まめに足元を換気させること大切。通気性の良い靴や靴下を活用したり、菌を抑える成分を活用してニオイ対策をします。

足の厚い角質は危険

足のかかとに良く見られる硬くて厚い角質。実はこの厚い部分の角質層も足臭の原因となります。

分厚い角質は新陳代謝の働きが靴、靴下等の「こすれ」によって剥がれ落ちてきます。俗にう垢となるので雑菌や細菌の大好物となります。

細菌は垢を栄養分としてさらに繁殖して足裏の汗や皮脂と混ざり合って強烈な足臭を放ちだします。

足は靴や靴下によって1日の大部分が覆われている状態。温度も上がりやすく通気性も悪い部分です。密閉状態なので発生した汗などは蒸発しないで足ムレを進行させます。

同時に厚い角質が細菌の栄養分となるので常に悪臭が育つ悪環境です。

足を清潔にしていても臭う人の特徴

足臭が嫌でしっかりと対策をして、足を常に清潔にしているのに臭うといった人はもしかしたら、精神性発汗が原因かもしれません。

特に家では平気。職場では臭う。この状態だと精神性発汗の疑いが強いです。

家ではストレスフリーの方がほとんどだと思います。しかし職場にいくとストレスを感じる場合はそのストレスが発汗を促している可能性が高いです。

まずは職場でストレスを受ける原因を見つけて精神的な負担を軽減することがで発汗を抑えることもできます。あと過度にニオイを気にするのも精神性発汗を招くもの。しっかりとケアをしているなら難しく考えずに生活をすると良いです。

MENU